ホントの夜の動物園

真っ暗で静まり返った夜の動物園、夜は動物たちの時間

ガサガサガサッ。動物の気配やにおいはするけれど姿は見えません。
ナイトスコープを付けた少年が、動物たちに聞こえないように耳元で話しかけます。
「お父さん、あそこ!こっちを見てる!」

案内役は動物公園の飼育係。動物たちの世界にお邪魔して、ナイトスコープや暗視カメラを使って暗闇の中で動物たちをそーっと観察する特別な体験。私たちが動物を観察しているというよりも、私たちが動物たちに観察されているよう。

さぁ飼育係と一緒に誰も知らない「ホントの夜の動物園」を探検してみよう。

全国の動物園で大人気の「NIGHT ZOO」

全国の多くの動物園で夏の恒例イベントとなっているのが「NIGHT ZOO」です。

水族館と違い園内の多くの展示が屋外にある動物園では、夏場は非常に暑く、来園者にとっても動物たちにとっても厳しい季節です。涼しい時間帯で仕事終わりの方も来園しやすい「NIGHT ZOO」は、多くの動物園で大人気のイベントとなっています。また、夜行性の動物や朝夕の涼しい時間帯に活発に活動する動物たちの本来の姿が見られると謳っている動物園も少なくありません。

しかし、実際の「NIGHT ZOO」はどうでしょうか。園路を照らすだけではなく、展示にもライトを煌々と照らして、多くの来園者が訪れる所謂「NIGHT ZOO」イベントは、あくまでも動物たちが人に合わせているイベントです。実際の夜の動物園、野生動物の夜の世界は暗く、静かで、人影もなく、少し怖いくらいの世界で、従来の「NIGHT ZOO」イベントは本来の夜の動物園や動物たちの姿とは別物になってしまっています。それでは動物たちの暮らしや習性に関する間違ったイメージを植え付けてしまい、保全教育にも繋がらない恐れがあります。

動物の福祉に配慮した“ホントの夜の動物園”

そこで、盛岡市動物公園ZOOMOは、「夜の動物たちの世界にお邪魔する」をテーマに、動物福祉に配慮した動物との接し方、動物たちの夜の習性や野生動物を身近に感じる保全教育を目的として、人が動物に敬意を払い、人が動物に合わせる、“本当の意味での夜の動物園”イベントを開催します。

動物をライトで照らすことなく、少人数でナイトスコープや暗視カメラを使って、暗闇の中にいる動物たちをそっと観察し、カメラトラップを使って野生動物の姿を捉える、これまでに世界のどの動物園も行っていない手法で、特別な体験と学びを提供します。

これは、どの動物園でもできるというわけではありません。盛岡市動物公園ZOOMOは、盛岡市街地から車で15分ほどのアクセスの良さでありながら、豊かな自然環境と多くの野生動植物が棲む、“里山にある動物公園”です。ライトを消すとまちの明かりが届かない、月あかりと星の光だけの世界。だからこそ、他の動物園ではできない「ホントの夜の動物園」が開催できるのです。

※当イベントは令和2年に実施したクラウドファンディング「動物の福祉に配慮した“ホントの夜の動物園”を開催したい!」プロジェクトの支援金で購入させていただいた機材を使用して実施します。

“ホントの夜の動物園”に参加しよう

5月1日(土)10:00よりPassMarketにて参加受付を開始します。開催前日までにPass Marketより専用チケットの購入をお願いいたします。※雨天決行(傘、レインコートなどの雨具をご持参ください。)

イベント概要

開催日時
7月17日(土)、8月14日(土)、9月18日(土) 18:30~20:30
開催場所
園内各所
対象年齢
制限なし
参加定員
各日先着5名様
参加料金
お1人様10000円
※開催前日までにPass Marketより専用チケットの購入が必要です。5月1日(土)10:00よりPassMarketにて参加受付開始。

※観覧できる動物は、日本生態園の一部の動物のみとなります。予めご了承ください。